理事長ごあいさつ

 よつぎ保育園グループでは

「“3月11日午後2時46分”を決して忘れず未来永劫に語り継いで行く」ことにしました。

“災害は忘れた頃にやってくる”ではなく“災害は想定外(時と規模)にやってくる”からです。

私たちは被災地の皆さんとできるだけ同じ目線、同じ思いを持ち続けるため次の事を実行しています。

・毎年3月11日午後2時46分に全児童、全職員が1分間の黙祷をします。(休みの日は今いるところで)

ですから、園児が卒園して学校へ行っても社会人になっても黙祷は忘れません。

・園児は復興ソング“花は咲く”を歌い、その想いを抱いて卒園します。

・ふるさと納税を通じて被災地への支援を続けています。

 

おかげさまで

東北地方などからたくさんの有能な保育士の方に就職して頂き、保育士不足に悩むことなく保育の質の向上をめざして日々研鑽に務めています。

 

社会福祉法人 健生会

理事長 私市 克巳