基本理念

 我が国の社会福祉制度は戦後の復興期に生活困窮者等を保護・救済するため行政主導の措置制度として始まりこれが半世紀にわたって続いてきた。

  しかしながら、生活水準の向上・少子高齢化の進展・家庭機能の変化等の社会環境の変化に伴い従来の保護・救済に留まらず児童の育成や高齢者の介護・障害者 等のノーマライゼーションと自己決定の実現など、国民が自立した生活を営む上で生じる多様な問題に対して社会連帯に基づいた支援を行うことが求められるよ うになった。

 こうした変化を踏まえ、平成12年の社会福祉法の制定と共に「利用者と事業者が対等な関係に立って福祉サービスを自ら選択できる仕組みを基本とする利用者本位の社会福祉制度」に転換している。

 この利用者本位の福祉サービスを現実とするため社会福祉法人健生会(以下「健生会」という)は、以下の基本理念を定める。

 

  1. 健生会が実施する事業は、個人の尊厳の保持を旨とし、福祉サービスの利用者が心身ともに健やかに育成され、又はその有する能力に応じた自立した日常生活を営むことができるよう支援を行う。
  2. 健生会が実施する事業はすべての利用者の意向を十分に尊重し、かつ他の関連するサービスとの有機的な連携を図り、迅速・公明・適正な福祉サービスを提供する。
  3. 健生会が実施する事業を利用しようとする者が適切かつ円滑に福祉サービスを利用できるように事業の内容についてあらゆる情報を提供する。
  4. 健生会は、地域住民及び町内会・ボランティア団体など地域活動を行う者と相互に協力連携し地域福祉の推進に努める。
  5. 健生会は、社会福祉事業を確実、効果的かつ適正に行うため経営基盤の安定と強化を図るとともに事業運営の透明性を確保する。
  6. 健生会の役職員は、日々研鑽に努め利用者本位の良質かつ適切な福祉サービスを提供することによって社会福祉の推進に寄与する。